忍者ブログ
プロフィール
そてい/♀
1989/08/06

堺雅人・山本耕史・上川隆也・ジョニー・デップが気になる。
ルパン三世にだだハマり中のにわかオタ



つなビィ
ちきん
俳優とかアニメとかオタクブログ 
[PR] 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

慎吾ちゃんに後押しされて見に行ってきましたゴールデンスランバー
どうも予告の感じで面白そうじゃないと思ってたんですが、普通に面白かったです。

誰かがインタビューで答えていたと思うんですが、エンターテイメントとして面白かったです。
ずどんと何かのテーマを押しつけられているわけでもなく、ハッピーエンドで終わったのじゃないけど、なんかこうやってやったぜみたいなすっきり感は確かにありました。
今思うとこういう堺さんのインタビューとか全部言いえて妙です。おっしゃるとおりです。
どうもときたま20世紀少年を思い出しました。近未来の、得体のしれない日本的な権力の怖さというか。
ターミネーターはあれでいいとおもうけど最後のは緊張感がそがれた。
そこまで笑わせなくてもいいと思うよせっかく爽快感をゲットしそうだったのに…。
やったのか?って聞きまくられてたのはあれそこまで必要な要素かなぁ。原作でも確かにあったけど、必要かなぁ…。
キルオ的キャラクターは大好きですがやっぱり面白く見れました。こんなにおでこひろいわけないでしょ!
で、ふと堺さんを思い出したりなんかしていない。
(そういえば観終わってから思い出したように母が堺さんって走るとおでこが四角になるね!
と言ったので、そうだよ!と返しておきました。全開だったからかハラハラしなかった件)


あと最後…かっ、神沢ー!ってなったのは少なくないですよね。
堺さん目当てという理由だけで見に行く人がこのブログを読んでいる可能性が高いですからねきっと。
神沢…神沢生きてたんだね…(´;ω;`)とかなってないんだから!
(クラハイは佐山より神沢の方が凄かったと信じている。
いやまぁああいうのはやりやすいとかおいしいとかあるかもしれないけど…。
あとドラマ版で神沢が普通に生きててほっとしたのもまた事実。)


まぁ、そうですね、よくできた物語でした。
ていうか感想を書こうにもパンフレットとかのインタビューに言いたい事書いてあるのでwww
どうしたらいいのかww

良く出来た物語を投げかけられてどう思いますか?ってまさにそんな状況です。
ただこれ予告だけ見るとなんだかなぁ…ってなったのはたぶん伊坂幸太郎の名前をあんまり出してなかったからじゃないかなぁ…
もうちょっと名前を出したらいいんじゃないかなぁ…
脚本もなにも話はもともと伊坂幸太郎のものなわけで…

うん、でも思っていたよりだいぶ面白かったです。
ただ予告の作り方が下手なんだと思う\(^o^)/
あと不満点があるとすれば学生時代の回想が多すぎる飛びすぎる場面によって音楽のテンションが違いすぎる。
いわずもがなエンディング。なんだあれ。
ああいうの大っ嫌いなんだけど…。うるさいだけじゃないか…。
あれなら彼岸島の方がエンディングとしてふさわしかった!
いやふさわしいっていうか雅のための曲だから当たり前ですが。むしろ比べるのさえおこがましい。
なんであんなのにしちゃったのかしら…単に趣味が合わないだけ…?
ジェネラルの時もエンディングで盛大にずっこけた私としてはどうも残念です。あっちもあっちでひどかった。
普通にゴールデンスランバーのカバー流すんじゃダメだったのかしら(´・ω・`)



あっ書き忘れた。
青柳のお父さんお母さん大好きです。

拍手[0回]

PR
COMMENTS
この記事にコメントする 
NAME:
TITLE:
URL:

MESSAGE:

PASS:[]
| oh | top | ターザン |
| 466 | 465 | 464 | 463 | 462 | 461 | 460 | 459 | 458 | 457 | 456 |
忍者ブログ [PR]
  /  Photo by MIZUTAMA  /  Design by Lenny